お部屋探し 2018.09.01

賃貸物件の内見とは?チェックポイントを押さえてよい部屋を見つけよう

賃貸物件を探している人なら「内見」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。内見とは、いったいどんなものか知りたいと思っている人もいるかもしれません。内見は、自分のライフスタイルに合ったよい部屋選びには欠かせない大事なものです。これから賃貸物件を見て回る予定がある人なら、内見にはどんな意味があるのか、具体的に何をするのかを含めて内見の具体的な流れについて知っておきましょう。内見の際のチェックポイントや注意点なども紹介します。

そもそも内見とは?意味や内覧との違い!

そもそも「内見」とは「内部見学」の略です。間取りなどを見て気に入った部屋を実際に見に行くことです。どのような物件でも内見は可能で、不動産業者に頼めば、一緒に内見に同行してくれます。内見の目的は、気に入った部屋の実際の様子を見て、間取りの感じや部屋の大きさ、設備状態などをチェックするためです。すでに決めた部屋であれば、家具が入るかどうか採寸するために行くこともあります。

物件を探していると「内覧」という言葉もよく聞かれます。内見も内覧も実際にはほぼ同じ意味で使われていますが、不動産業界では新築物件の引き渡し時に「内覧」を使うケースが多いです。また、新しくできた店舗などの施設を地域の人にお披露目するという意味で「内覧会」としている場合も多いです。

快適に暮らすために!賃貸物件の内見の重要性

内見がなぜ必要なのかというと、間取りや写真だけでは実際の様子をすべて確認することはできないからです。不動産会社やサイトに掲載されている間取りや写真でも、ある程度部屋の様子はわかります。しかし、すべてを詳細に記載しているわけではありませんし、なかには間取り寸法が大きく異なっている場合もあるため確認が必要です。実際に部屋を訪れてはじめてわかることがたくさんあるのです。

内見してみたら、思っていたよりも狭かったり暗かったり、写真にはない共用部分に問題が見つかるかもしれません。自分にとって必要な設備が整っていないこともありえます。また、周辺環境も実際に部屋に行ってみないとわからないものです。快適に暮らすためには、壁や床の厚さを確認して隣室、階下への防音性や、近隣の治安環境なども確認する必要性があります。

賃貸物件を内見!予約からの流れは?

賃貸物件の内見は、周辺環境を含む部屋の詳細な様子を確認するために重要なものです。実際に気に入った部屋を内見するためには不動産会社への予約などの手続きが必要になります。ここでは、内見の具体的な流れについて紹介します。

気になる物件を探し不動産屋へ予約

不動産会社のサイトで気になる賃貸物件が見つかったら、物件の内見をするために最初にすることは来店予約です。来店予約は、気になる部屋ごとに予約する場合もあれば、いくつかまとめて予約できるケースもあります。ネットに掲載されていない物件もあるので、まずは来店予約をして物件紹介からスタートすることも可能です。

希望や条件を提示し内見する物件を決める

次に、店頭で内見する物件を決めます。初回来店の場合は、希望条件などのアンケートを取られることがあります。希望を話すと、担当者が希望に沿った物件を紹介してくれるので、いくつか見てみたい物件を選びましょう。

部屋の鍵を不動産会社が持っていれば、その日のうちに内見することも可能です。鍵を持っていない場合には、手配するのに時間がかかることもあります。その場合は、日を改めて内見することになるでしょう。早く内見したいと思うなら、希望する部屋をあらかじめピックアップしておいて、来店予約を取る際に不動産会社に伝えておけば、前もって準備しておいてくれるかもしれません。

内見の実施

希望する物件について内見の日時を決めたら、当日は担当者に賃貸物件まで案内してもらいます。多くの場合、店舗で待ち合わせをして社用車で現地まで乗せてもらえます。現地では、内見しながら部屋や地域についての情報を担当者から聞くことが可能です。気になることが出てきたら、その場で確認しましょう。

内見にかかる時間はどれくらい?

内見できる時間は、だいたい30分~1時間くらいです。内見可能な時間が決まっていることも多いので、ゆっくりじっくり見るというよりは、必要なところをチェックしていくようなイメージです。移動時間がかかることもあるので、しっかり部屋を確認するとなると、1日に内見できる部屋数は限られてきます。1日あたり3件~4件くらいを見込んでおくとよいでしょう。事前にどんなところをチェックするか、同行する担当者に何を質問するか考えておくと、当日の内見がスムーズです。

内見をする前に準備万端!よい物件を選ぼう

内見の仕方がわかったところで、次は、内見を成功させてよい部屋を選ぶためのポイントについて知っておきましょう。内見をするためにしておきたい事前準備や、内見当日に持っていくと便利な持ち物などについて紹介します。

内見に持参するもの

内見当日に持っていくとよいものは、部屋の各所を正確に採寸するためのメジャーと室内で履くためのスリッパです。スリッパは不動産会社が部屋に準備していることも少なくありません。なければ、当日は靴下などでも大丈夫です。それでも不安という方は、事前に不動産会社に聞いておいて、なければ準備しましょう。

写真撮影できるようにデジカメやスマホも持っていくと便利です。方位磁石も気になるようであれば持っていきましょう。床が傾いていないか確認したいならビー玉を持参するのもよいでしょう。図面とメモ書きするためのノートと筆記用具も忘れないようにします。

内見の前に準備すること

内見に行く前に準備できることもいくつかあります。まず、部屋に入れたい家具がある場合は採寸しておきましょう。サイズをメモしておいて、内見当日に置きたい場所に置けるかメジャーで測れば、入居してから入らなかったということがなくなります。

内見して物件が気に入ればその日に契約することもあるので、申込に必要な記入事項をメモしておくことも大事です。連帯保証人を決めておいたり、自分の勤務先など住所・電話番号などがすぐ記入できるように準備しておいたりすると当日はスムーズに手続きできます。

内見のポイントは?

ここでは、内見のポイントについて紹介します。また、内見時は室内外の様子をカメラで撮影しておくことをおすすめします。昼と夜とで部屋の印象はがらりと変わります。周辺環境も、昼だけでなく夜もチェックしておくべきなので、内見するのは昼と夜の両方が見られる時間帯を選ぶとよい物件を探せるでしょう。

室内のチェックポイント

室内を内見する際のチェックポイントは、まず部屋の広さを自分の体で体感します。図面では狭そうだった部屋でも、窓や間取りによっては思ったより広く感じることも少なくありません。ベッドやテーブルなど大きい家具を入れる予定がある場合は、室内を採寸して家具が入るか確認します。

次に、壁や床に汚れやキズがないか、水回りや天井の隅、内装などにカビが生えていないかチェックします。気になる汚れやキズがあれば、その場で担当者に伝えましょう。クローゼットなど収納スペースがどのくらいあるかも重要です。場合によっては収納家具を追加する必要があるかもしれません。

劣化しやすい水回りに問題がないかも要注意です。洗濯機や冷蔵庫の置き場が確保できるか、コンセントやネット環境の確認も大事です。以外と見落としがちなのが、壁の厚さです。生活音が隣室に響かないか、防音性をチェックしておきましょう。

建物のチェックポイント

建物に関するチェックポイントとしては、共用部分のメンテナンスや管理が行き届いているかチェックしましょう。セキュリティ面のチェックも重要です。どんなカギを使用しているか、防犯カメラは設置されているか、いざというときの防犯体制を調べておくと安心です。ゴミ置き場の様子や郵便ボックスも要チェックです。入居者がどのくらいいるのか、ほかの部屋の空室状況も見ておくことをおすすめします。

周辺環境のチェックポイント

内見では、周辺環境を確認することも非常に大切です。たとえば、交通アクセスがどうなのかは、駅から実際に歩いてみないとわかりません。思ったよりも近いこともあれば、物件情報に記載されているより遠いと感じることもあります。治安も大事なチェックポイントです。特に、夜の住環境はどうかをチェックしましょう。駅までの道のりに街灯はあるかどうか、一人歩きしても安全かを確認します。

生活利便性もチェックポイントです。近くにスーパーやコンビニがあるか、何時から何時まで利用できるのかなど、近隣施設の確認をしておくと住み始めてから便利です。物件が道路に面している場合には、交通量や騒音なども気になります。室内にいるときにどのくらい環境音が聞こえるのか、窓を開け閉めして確かめておくようにしましょう。

内見時に担当者に確認しておくべきポイント!内見の判断材料にしよう

内見するときには、不動産会社の担当者が同行します。せっかく一緒に見て回ってくれるのですから、わからないことは積極的に質問したいものです。ここでは、担当者に内見時に確認しておくべきポイントについて紹介します。

内見している物件の住みやすさの確認を!

まず、確認してきたいのは、内見している部屋の住みやすさです。住んでいる人が頻繁に変わっているようなら、自分が入居しても長続きしない可能性もあります。何か理由があるのではないか、聞いて確認するべきです。

内見している部屋が空室なら、どれくらいのあいだ空室だったのかを聞いて、回転率を確認するのも大事です。回転率が高いようなら、何か理由があるかもしれないので、聞いておくと安心です。前に住んでいた人の居住期間や退出理由もできれば質問してみましょう。実際に住んでいた人が長く住んでいたのなら、住みやすい物件なのかもしれません。

近隣の環境に関する確認をしよう!

住環境として、近所にどんな人が住んでいるのか、これまでに何かトラブルが起きていないかも担当者に確認しておくと安心です。物件の住民同士のトラブルがなかったかどうか、周辺住民からクレームが来たことがなかったかどうかなども確認しておきましょう。

隣家の家族構成や生活状況などがわかれば、どんな人が住んでいてどのような生活パターンなのか、ある程度予想することができます。気をつけて暮すことで騒音トラブルなどを未然に防げるかもしれません。

確認することが多い内見!しっかり行いよい賃貸物件探しを進めよう!

よい物件を見極めるために、内見は重要な役割を果たします。内見を有意義なものにするには、チェック事項を洗いだしたり、当日持参する物を用意したりと、事前準備が必要です。内見前に確認しておくべき点もたくさんあります。この記事を参考にして準備を進め、内見をしっかり行うことでよりよい賃貸物件を見つけましょう。

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
アエラス巣鴨店

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

お部屋探しに関する人気記事

お部屋探しの関連記事

おすすめの新着賃貸マンション・アパート

賃貸物件を探す

直営43店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • アエラス祖師ヶ谷大蔵店

    • TEL: 03-5429-7188
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都世田谷区祖師谷3丁目32-15 YMKビル 3階

    店長:横田 正幸
    店長:
    横田 正幸
    よこた まさゆき
    店舗詳細へ
  • アエラス蒲田店

    • TEL: 03-5714-0541
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都大田区西蒲田7丁目48-8 ルミエール光 3階

    店長:副田 勝
    店長:
    副田 勝
    そえだ まさる
    店舗詳細へ
  • アエラス巣鴨店

    • TEL: 03-5980-6233
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都豊島区巣鴨2丁目5-4 巣鴨会館ビル 3階

    店長:清水 将也
    店長:
    清水 将也
    しみず まさや
    店舗詳細へ
  • ソレイユ新宿店

    • TEL: 03-5369-2422
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都新宿区新宿3丁目36-15 新宿内野ビル 7階

    店長:中井 功
    店長:
    中井 功
    なかい いさお
    店舗詳細へ
  • ソレイユ渋谷店

    • TEL: 03-3770-7111
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都渋谷区宇田川町23-11 リ・エムビル 6階

    店長:橋口 敦
    店長:
    橋口 敦
    はしぐち あつし
    店舗詳細へ