お部屋探し 2018.10.30

1LDKとはどのような間取り?他の間取りとの違いは?

間取りや家賃、駅からの距離や周辺環境など、部屋を選ぶときに考えなくてはならないことは数多くあります。なかでも間取りについては、実際に住み始めてから不便を感じることもあるのではないでしょうか。たとえば単身者向けとして紹介される間取りには1R、1K、1DK、1LDKなどがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを知っておくと、よりスムーズな部屋探しができることでしょう。ここでは単身者だけでなくカップルにもおすすめの1LDKについて詳しく説明します。

1LDKとは

1LDKは、1つの居室とLDK(リビング、ダイニング、キッチン)で構成されている間取りのことを指します。1Kや1DKもキッチンのほかに居室が1つある間取りですが、どのような違いがあるのでしょうか。1LDKとはどのような間取りなのか解説します。

1LDKの特徴について

「LDK」はリビング、ダイニング、キッチンの頭文字からくる略称です。キッチンが置かれているスペースが8畳以上ある場合、LDKと表現します。そして、LDKとは別に仕切られた部屋が1つある間取りのことを、1LDKと呼びます。

1LDKの特徴は、生活空間とは別にプライベート空間を確保できるところです。リビングと寝室を分けることで生活にメリハリをつけることもできますし、急に人が訪ねてきたときにリビングに散らかっているものをとりあえず居室に移動させるなんてこともできます。ゆとりのある間取りなので、単身者であればゆったりと生活できるでしょう。また、カップルや兄弟姉妹など、ふたりで暮らすこともできる間取りです。

1Kや1DKとの違いについて

1Kや1DKもキッチンと居室が区切られた間取りですが、その違いはキッチンが置かれているスペースの広さにあります。不動産公正取引協議会連合会による「DK・LDKの広さ(畳数)の目安となる指導基準」に定めがあり、最低限必要な広さが決まっているのです。キッチン部分が4.5畳未満なら1K、4.5畳から8畳未満なら1DKという表現になります。1LDKはキッチンのある空間が8畳以上という、ゆったりした間取りです。

1LDKのメリット

1LDKはひとり暮らしはもちろん、ふたりでも生活できるほどのゆとりがあります。実際に1LDKの部屋に住むとしたら、どんなメリットが考えられるでしょうか。1LDKでの生活の楽しみ方をいくつかご紹介します。

大型家具を置ける

1Kや1DKよりもスペースに余裕がある1LDKでは、大型家具を置くことも可能です。ソファでくつろぎながらテレビを観たり、読書をしたりといった楽しみ方ができます。ダイニングテーブルを置けば、ゆったりと食事を楽しむことができるでしょう。収納ラックなどを置くスペースも確保できれば、いつも片付いたスッキリとした部屋で過ごせるのではないでしょうか。

友達を呼びやすい

友達を家に呼ぶのが好きな人にとっては、リビングが広いのは嬉しいことです。8畳以上のスペースがある1LDKなら、ランチ会やちょっとしたホームパーティーなども開催できるでしょう。リビングとは別にもう一部屋あるので、人目に触れさせたくないものは一時的に移動させて隠しておくこともできます。来客があってもプライベート部分は守れるというのが、1LDKのメリットのひとつです。

料理がしやすい

1LDKは料理が好きな人にも暮らしやすい間取りです。1Kや1DKと比べてキッチンが広いため、カウンターや食器棚などの収納スペースを確保することができます。鍋やフライパンといった大きめの調理器具をしまうこともでき、ストレスなく料理を楽しむことができるでしょう。

1LDKのデメリット

1LDKはゆったりとした生活が楽しめそうな間取りですが、メリットばかりではありません。いざ生活を始めてから「こんなはずではなかった」と後悔しないためには、デメリットについてもよく考えておくことが大切です。

家賃が高い

1LDKの部屋は居住面積が広いため、1Kや1DKよりも家賃が高くなるのが一般的です。例えば東京23区の家賃相場を見てみると、1DKは8~14万円ほど、1LDKでは10~21万円ほどです(2018年10月)。また、部屋が広くなるぶん、冷暖房などの光熱費も高くなることが考えられます。

2つ以上個室を作れない

1LDKの部屋にひとりではなく、恋人や兄弟姉妹、友人など、誰かと一緒に住む場合を考えてみましょう。1LDKは個室を確保するのが難しい間取りです。個室を別に作ろうとするなら、広いLDKを家具やカーテンで仕切るなどして簡易的なプライベート空間を作るしかありません。すべての空間を共有することになるため、誰かと一緒に住むなら、お互いの生活スタイルをよく理解しておきましょう。生活するうえでの価値観やリズムが違いすぎると些細なことでストレスを感じ、快適に過ごせなくなってしまうことがあるかもしれません。

1LDKがおすすめな人は?

1LDKのメリット・デメリットについて説明してきましたが、使い方によってはひとりでもふたりでも住めるのが1LDKの特徴です。次に、1LDKの部屋に適している人、1LDKをおすすめしたい人について紹介します。

ゆとりのある暮らしをしたい単身者

居住スペースが広い1LDKの部屋は、ゆったり暮らせる反面、家賃が高くなりがちです。ひとりで住むとしたら金銭的に余裕があることが条件になるでしょう。そのぶん、広々とした部屋でゆとりのある暮らしを楽しむことができます。生活空間であるLDKとプライベート空間の寝室とを完全に分けて使う、リビングの一角を仕事スペースにするなど、広い部屋を自由に使えるという魅力があります。

ずっと一緒にいたいカップル

仕切られた部屋がひとつしかない1LDKでは、ひとりになれる空間を作るのは難しいといえます。しかし、つきあいが長くて相手の生活リズムなども把握できているなら、そうしたカップルにもおすすめです。ずっと一緒に過ごすうちに、よりお互いを理解し、ますます仲が深まることもあるでしょう。

広めのLDKが使いやすい!

居室はひとつしかないものの、広いLDKがあるため、単身者にもカップルにもおすすめできるのが1LDKの部屋です。できるだけ物を置かずに開放感のある暮らしを楽しむこともできますし、ソファやダイニングテーブルなどの大型家具を置く余裕もあります。なにかと使い勝手の良い間取りといえるでしょう。家賃や立地などの条件に合う物件なら、選択肢のひとつにしてみてはいかがでしょうか。

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
アエラス荻窪店

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

お部屋探しに関する人気記事

お部屋探しの関連記事

賃貸物件を探す

直営43店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • アエラス竹ノ塚店

    • TEL: 03-5831-8446
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都足立区竹の塚6丁目9-2 リバティハイツ駅前 1階

    店長:鍋谷 佑介
    店長:
    鍋谷 佑介
    なべや ゆうすけ
    店舗詳細へ
  • ソレイユ五反田店

    • TEL: 03-5792-5770
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都品川区東五反田5丁目27-10 野村ビル 9階A号室

    店長:中矢 叔希
    店長:
    中矢 叔希
    なかや よしき
    店舗詳細へ
  • アエラス王子店

    • TEL: 03-5902-9100
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都北区王子1丁目5-12 王子明和ビル 1階・2階・3階

    店長:岡嵜 正恭
    店長:
    岡嵜 正恭
    おかざき まさたか
    店舗詳細へ
  • アエラス新小岩店

    • TEL: 03-5663-7533
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都葛飾区新小岩1丁目46-3 東栄ビル 6階

    店長:馬渕 拓哉
    店長:
    馬渕 拓哉
    まぶち たくや
    店舗詳細へ
  • アエラス葛西店

    • TEL: 03-5675-7605
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都江戸川区東葛西6丁目2-10 モリビル 5階

    店長:飛田 浩希
    店長:
    飛田 浩希
    ひだ ひろき
    店舗詳細へ