一人暮らし 2019.01.03

一人暮らしの引っ越しの準備は何が必要?必要なものと契約のポイント

進学や就職などではじめて親元を離れ、一人暮らしを始めるという人も多いでしょう。自由な生活にワクワクしますが、まずは一人で住むための準備をしっかり進めなくてはなりません。しかし、引っ越しに慣れていない場合、どんな準備をすれば良いのかわからず途方に暮れてしまうこともあります。そこで、今回は一人暮らしを始めるために必要なものをはじめ、引っ越しの前後にやっておいたほうが良いことなど役立つポイントについて紹介していきます。

一人暮らしをする前に!必要な準備

一人暮らしを始めるには、住むための家が必要です。しかし、家だけでは快適に生活できません。暮らしていくために必要な家具や家電をそろえたり、さまざまな手続きを行ったりする必要があります。いざ引っ越しをしてからでは遅いので、できるだけ早い段階から計画的に必要なことを進めていくようにしましょう。

必要なアイテムを揃えよう

親元で暮らしているときは、意識しなくても生活に必要な物がすべてそろっています。ところが、一人暮らしを始める新居は基本的に家具や家電などがまったく用意されていません。引っ越しをしたその日から生活できるよう、最低限のアイテムは事前に準備しておきましょう。まず必要となるのが、布団などの寝具です。これがないと、フローリングや畳の上に直接寝ることになってしまいます。ベッドは生活が落ち着いてからでも良いので、敷布団と掛布団くらいは引っ越しと同時に持ち込みましょう。

また、洗面用具や入浴用品も必要です。歯ブラシやハンドソープ、シャンプーなどもないと不便ですし、衛生面でも良くありません。コンビニやスーパーでも売っているので、準備し忘れたときはすぐに買いに行きましょう。ほかにも、トイレットペーパーなどのトイレ用品、タオルや照明、その地域指定のゴミ袋など、すぐに使うのに見落としがちな物もあるので注意が必要です。ほかの家やマンションが隣接している物件なら、部屋の中が見えないようにカーテンも準備したほうが良いでしょう。

手続きに必要な書類を揃えよう

一人暮らしをするためには、新しい家も必要です。マンションやアパートなどの賃貸物件に入居する場合、入居申込書に署名押印して不動産会社に提出しなければなりません。ほかにも賃貸契約書や駐車場の契約書など、さまざまな書類が必要になります。このとき、実際に入居する人とは別に「連帯保証人」を立てるよう求められるケースが一般的です。連帯保証人とは、家賃を支払えなくなったりトラブルを起こしたりしたときに、自分の代わりに責任を負ってくれる人のことです。親や兄弟などを指定するケースが多いので、事前に連帯保証人になってもらえるかどうか相談しておきましょう。

また、入居申込書や契約書以外に、住民票などの本人確認書類も必要になることが多くなります。住民票などは自治体の窓口で取得できますが、時期によっては混雑してなかなか取得できない場合もあります。ほかの手続きで必要になることも多いので、時間があるときに事前に取得しておくと良いでしょう。

引っ越し前にやるべきことって何?

新しい家が決まり、無事に賃貸契約を交わしたら、いよいよ引っ越しに向けて動き始めます。まずは、実際に新しい家に住み始める「入居日」を決めましょう。入居日は、基本的には引っ越しをする日と同じです。家賃は日割りで請求されるのが一般的なので、引っ越しよりも前に入居日を指定してしまうと家賃が余分にかかってしまいます。ちなみに、引っ越し日は自分の希望通りの日になるとは限りません。繁忙期になると多くの人が新生活を始めるため、引越し会社のトラックや人手が足りなくなり、希望日に引っ越しできないということも珍しくないのです。

「この日に引っ越したい」と決めている場合は、できるだけ早く引っ越し会社に見積もりに来てもらうようにしましょう。その結果をもとに入居日を決め、不動産会社に伝えるのが効率的です。先に入居日を決めてしまうと、その日に作業可能な引っ越し会社が見つからず、家賃がムダになってしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、新居に入居するためには賃貸物件の「初期費用」を支払わなくてはなりません。敷金・礼金や仲介手数料、前払い家賃やカギの交換費用など、さまざまな初期費用を請求されます。不動産会社から指定された期日までに支払わないと、賃貸契約が不成立となって住めなくなってしまうこともあります。住民票や印鑑証明書など、契約に必要な書類の提出と併せて初期費用の支払いも忘れないようにしましょう。

引っ越しした後にやるべきこととは

無事に引越しが終わったら、自分がそこに住んでいることを証明するための手続きを行いましょう。まずは自治体の窓口へ行き、転入届を提出します。これにより、住民票の移動が完了します。ただし、同じ市区町村内で引っ越しをする場合は転出入の手続きは不要です。国民健康保険に加入している場合も、同じく自治体の窓口で引越し手続きを行います。また、運転免許証の住所変更手続きも必要です。

住所変更をしなくても運転免許証としての効力がなくなるわけではありませんが、本人確認書類として活用するためには正しい住所になっていることが必要です。運転免許センターや警察署などで変更できるので、早めに手続きしておきましょう。このほか、契約している携帯電話やクレジットカード、金融機関などの住所変更手続きも必要です。うっかり手続きを忘れていると、重要な書類などが届かなくなるおそれもあります。手続き方法はそれぞれの会社ごとに異なるので、公式サイトなどで確認しておきましょう。

事前に書類やアイテムの準備をしておこう

自分だけで生活を始める場合、生活に必要な家具やアイテムをはじめ、各種手続きに必要となる書類など、さまざまなものを用意しなければなりません。単に荷物を移動させれば良いというわけではないので、必要なことをリストアップし、計画的に進めていくことが大切です。もし、一人ではどう準備を進めれば良いかわからないという場合は、アエラスグループに相談してみましょう。一人暮らし用の賃貸物件探しをはじめ、プロの目線から引っ越しに関するアドバイスなどもしてくれるので頼りになります。

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
アエラス竹ノ塚店

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

一人暮らしに関する人気記事

一人暮らしの関連記事

賃貸物件を探す

直営45店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • アエラス船橋店

    • TEL: 047-411-0090
    • 営業時間: 10:00~19:00

    千葉県船橋市本町5-3-3 大野ビル 3階A

    店長:望月 裕貴
    店長:
    望月 裕貴
    もちづき ゆうき
    店舗詳細へ
  • アエラス新越谷店

    • TEL: 048-990-7576
    • 営業時間: 10:00~19:00

    埼玉県越谷市南越谷4-4-3 和田ビル 103号室

    店長:樋口 勇輔
    店長:
    樋口 勇輔
    ひぐち ゆうすけ
    店舗詳細へ
  • アエラス蒲田店

    • TEL: 03-5714-0541
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都大田区西蒲田7-48-8 ルミエール光 3階

    店長:副田 勝
    店長:
    副田 勝
    そえだ まさる
    店舗詳細へ
  • ソレイユ代々木店

    • TEL: 03-5333-2822
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都渋谷区代々木1-38-1 代々木モダンビル 7階

    店長:石川 マーク
    店長:
    石川 マーク
    いしかわ まーく
    店舗詳細へ
  • アエラス竹ノ塚店

    • TEL: 03-5831-8446
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都足立区竹の塚6-9-2 リバティハイツ駅前 1階

    店長:大庭 英行
    店長:
    大庭 英行
    おおば ひでゆき
    店舗詳細へ