お部屋探し 2019.01.11

東京の賃貸マンションでペットと暮らす!ペット可の物件に住もう

ペットと暮らせる物件というと、庭付きの一戸建てをイメージする人も多いのではないでしょうか。たしかにこれまでは、基本的に賃貸マンションで動物を飼うことは禁止されていました。しかし、ペットブームの影響を受けて、ペットと暮らせる賃貸マンションが増えています。しかし、こうした物件でも集合住宅でペットと暮らす場合は、他の住人への配慮が必要です。このコラムでは、賃貸マンションでペットと暮らしたいと考えている人に向けて、守らなければいけないルールや知っておくと便利な設備情報について解説します。

東京の賃貸マンションでペットが飼える場合もある!

これまで、基本的に賃貸マンションで動物を飼うことは禁止されていました。しかし、ペットブームに加えて、ペットを家族の一員として受け入れるような風潮が高まっていることから、ペットが飼える賃貸マンションの選択肢は広がっています。都内にも、きれいで利便性が良く、さらにペットが飼える賃貸マンションが増えています。ペット可のマンションを選べば、かわいいペットと離れ離れになることなく、堂々と一緒に暮らせます。

ペット可の賃貸マンションに住むときの注意点

ペット可の賃貸マンションに住む場合には注意したい点が大きく2つあります。まず、「飼えるのは規定で認められた動物だけであること」、そして、「ペットを飼っていない人にも配慮することが必要」という2点です。これらが守られなかった場合には、マンションから退去を求められることもあると心得ておきましょう。

注意点1.規定の動物のみが飼える

ペット可の賃貸マンションの場合でも、飼育できる頭数や種類には制限があります。たとえば鳥であれば3羽以内、猫や犬であれば1匹まで、犬の場合は小型犬のみなど、管理規約で決められている内容は物件によって異なります。規約で決められている以外の動物を飼ったり、制限以上の頭数を飼ったりすることはできません。また、人やほかのペットへの感染予防の観点から、獣医師による健康診断を1年に1回以上受けさせることや、必要に応じて予防注射を打つことが規約に記載されている場合もあります。

健康診断の結果、人やほかのペットに伝染するような病気が見つかった場合には、そのリスクがなくなるまで病院に預けるなどの対応を取らなくてはなりません。賃貸マンションを契約する前には、それぞれのマンションで決められている管理規約をよく確認しておきましょう。不明点や規約に違反するような状況が想定されているのであれば、どうすれば良いかを不動産会社や管理会社などにあらかじめ確認しておきましょう。

注意点2.ペットを飼っていない人にも配慮する

自由な住み方ができる一戸建てと違い、マンションは集合住宅です。当然ながら他の住人への配慮が求められます。たとえペット可の賃貸マンションであっても、動物が苦手な人がいたり、アレルギーがある人がいたりする可能性も考えられます。そうした住人に不快な思いをさせないような工夫や気配りが必要です。もちろん飼育は専用部分で行うのが前提ですが、時には動物病院に連れていく必要などもあり、犬の場合は毎日散歩に連れ出すということも想定されます。

その場合、気を付けたいのがマンションのエントランスやエレベーター、廊下など、他の住人と出くわす可能性の多い共有部分でのマナーです。盲導犬、聴導犬、介護犬といった特別な使命がある場合を除き、基本的にペットはリードを付けて抱きかかえるかケージに入れて運ぶようにしなくてはいけません。エントランスで遊ばせることやブラッシングなども控えましょう。特に、エレベーターは密室です。物件によっては十分に広くないところもあります。できるだけペットが相手に近づかないようにするなどの配慮が必要です。

マンションによっては、バルコニーがついているケースもありますが、バルコニーも基本的に共有部分です。バルコニーでの給餌やトイレの世話なども基本的に禁止です。万が一、ペットが共有物を汚したり壊したりした場合には、弁償などの責任を負うこともあります。このほか、ペットを飼ううえで苦情の対象となりやすいのが鳴き声です。特に、隣との壁が薄い場合には十分に気を付ける必要があります。発情期や運動不足による無駄吠えなどはできるだけ予防しましょう。

ペット可の賃貸マンションで整えられている設備

ペット可マンションの中には、単にペットの飼育が許可されているだけではなく、共生型としてペット用の設備が整えられている物件も増えています。たとえば、共有部分に散歩帰りに犬の足を洗える洗い場やグルーミング用の場所が用意されていて、飼い主の負担を軽減するようになっている物件もあります。また、ちょっとしたドッグランのようなペットと遊べるスペースが屋上などに設けてある物件も大型犬を飼っている人を中心に人気があります。立地によっては、近くに公園などがなく、ペットの運動不足が気になる場合もあるかもしれませんが、敷地内で運動や手入れが完結できれば飼い主としても楽になります。

このような共有設備は、ペットを飼っている人同士のコミュニケーションや情報交換の場としても便利です。このほかトラブル防止のために、エレベーターを待っている人にペットの乗車を周知する機能が付いたエレベーターもよく見かけられます。さらに、そもそも床や壁などに消臭効果があり、汚れが目立ちにくい素材を使用しているなどペットの飼育を前提とした構造になっている物件もあります。

ペット可の賃貸マンションをあきらめずに探そう!

従来は、ペット可の賃貸マンションというとかなり限られていました。たとえば、すでに老朽化していたり、駅から遠かったりとハンディがある物件が入居者を募るためにペット可にしているというような状況も多く見受けられました。しかし、ペットブームもあり、ペットと賃貸マンションで暮らしたいと希望する人は増えています。このような需要を受け、かつてと比べるとペットと暮らせる物件の選択肢は着実に広がっています。ペットがいるからといって賃貸マンションに住むことをあきらめる必要はありません。

そもそもペットの飼育を前提に建てられた共生型のマンションも増え、ペット愛好家たちから人気を集めています。共生型のマンションであれば、ペットを飼っている人も多いでしょうし、ペットを飼っていない人への配慮がしやすいような工夫がマンション自体になされています。自分と大切なペットが長く幸せに暮らしていくためにも、豊富な選択肢の中からペット可の快適な賃貸マンションを探してみてはいかがでしょうか。

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

お部屋探しに関する人気記事

お部屋探しの関連記事

賃貸物件を探す

直営44店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • アエラス葛西店

    • TEL: 03-5675-7605
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都江戸川区東葛西6-2-10 モリビル 5階

    店長:飛田 浩希
    店長:
    飛田 浩希
    ひだ ひろき
    店舗詳細へ
  • ソレイユ渋谷店

    • TEL: 03-3770-7111
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都渋谷区宇田川町23-11 リ・エムビル 6階

    店長:橋口 敦
    店長:
    橋口 敦
    はしぐち あつし
    店舗詳細へ
  • グランデ池袋店

    • TEL: 03-5953-5222
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都豊島区東池袋4-25-12 サンシャイン・サイド 5階

    店長:小野 雄太
    店長:
    小野 雄太
    おの ゆうた
    店舗詳細へ
  • アエラス柏店

    • TEL: 047-141-8131
    • 営業時間: 10:00~19:00

    千葉県柏市旭町1-1-1 K&Kビル 5階

    店長:望月 裕貴
    店長:
    望月 裕貴
    もちづき ゆうき
    店舗詳細へ
  • ソレイユ川口店

    • TEL: 048-250-0588
    • 営業時間: 10:00~19:00

    埼玉県川口市栄町3-8-4 イソベビル 2階

    店長:山野 潤
    店長:
    山野 潤
    やまの じゅん
    店舗詳細へ