一人暮らし 2019.04.15

一人暮らしを1LDKで楽しむ!ゆとりある暮らしが実現するレイアウト

一人暮らしでは、家賃の低さからワンルームなど狭めの部屋を選ぶ人が多いです。しかし、狭い部屋では、最低限の生活はできても、ゆとりのある快適な暮らしができるとは限りません。ゆとりをもって一人暮らしを楽しみたいと考えているのなら、生活スペースとプライベート空間を分けられる1LDKが最適です。この記事では、そんな1LDKでかなうレイアウト例を紹介していきます。1LDKで一人暮らしをするメリットを確認しながら、自分にあったゆとりのある暮らしを想像してみましょう。

1LDKについて確認しよう!広さや間取りは?

ここでは、1LDKの広さや間取りを解説していきます。まずは、1LDKがどのくらいゆとりがあるのか、どういった部屋の構成なのかを確認して、レイアウトを考える参考にしましょう。

広さ

一般的に1LDKは、LDK部分が8帖以上の広さの物件を指します。このスペースが4.5帖以上8帖未満の場合は、1DK(キッチン及びダイニングスペース)となります。なお、1帖は1.62平方メートルで、1LDKはLDKの他にもう1部屋備わっています。

間取り

1LDKは、基本的に2部屋で構成されています。くつろぐスペースであるリビングに加え、食事を食べるダイニングスペース、広めのキッチンが一体となった1部屋がメインルームとなるLDK部分です。さらに、LDK部分以外にもう1部屋、建具で仕切られた個室があります。建具が引き戸の場合、戸を全開にすれば、LDKと個室が1つの空間となり広いワンルームのようにも使用できます。また、1LDKは、この2部屋の他に、押し入れやウォークインクローゼットなど広めの収納が備わっていることが多いです。

1LDKで一人暮らしをするメリット

1LDKというと、2人暮らしやファミリー向けというイメージが大きく、一人暮らしでは持て余してしまうのではないかという不安が残ります。しかし、一人暮らしでも1LDKを選ぶ人は意外と多いのです。ここでは、1LDKで一人暮らしをすることで得られるメリットを紹介していきます。

1部屋を自由に使える

1LDKは、LDK部分とは別にもう1部屋あることが特徴です。この1部屋は、寝室に使ったり、書斎や収納に使ったりと自分の好きなように使うことができます。ワンルームのように1部屋しか使えない場合、食事をする机と仕事や勉強をする机が一緒になってしまいがちです。しかし、もう1部屋あれば、食事やくつろぎのスペースと分けることができ生活にもメリハリが生まれます。

インテリアを工夫できる

インテリアに多様性を出せることも、1LDKの大きな魅力です。狭い部屋に必要な家具や家電を置こうとすると、どうしても置ける家具や配置は限られてきます。また、生活感の出やすい家電や家具に囲まれ、煩雑な部屋になってしまいがちです。しかし、広さに余裕のある1LDKなら、寝室とリビングを分けられ、各々のスペースを広々と活用できます。リビングには、ワンルームでは難しい、ソファやダイニングテーブルを置くことも可能です。また、飾り棚を設けたり、大きめの観葉植物を置いたりと、おしゃれな空間を作ることができます。

ゆとりが得られる

1LDKの最大ともいえる魅力は、広さにゆとりがあることです。広い間取りでゆったりと過ごすことができるので、ストレスをためず開放的な気持ちで過ごすことができます。収納もたっぷりとれるので、物が散乱したり山積みになってしまったりすることも避けられます。

1LDKのレイアウト

1LDKは、広さにゆとりがある分さまざまなレイアウトを楽しめます。ここでは、そんな1LDKでかなえられるレイアウト例を紹介していきます。

壁面収納でスッキリ

収納物が多い場合は、壁一面に棚を設置する壁面収納が最適です。背の低い収納ケースでは、壁面収納に比べて収納力が低く、何個も並べてしまうとせっかくの広いスペースもすぐに埋まってしまいます。しかし、高さのある壁面収納であれば、上の空間を無駄にすることなく沢山の収納ができます。また、オープンラックなど、見せる収納にするとよりおしゃれに仕上がります。

ワークスペースを作る

広さに余裕があれば、パソコンなどを置き仕事や勉強ができるワークスペースも作りたいところです。あまり奥行のないデスクを選び壁際に置けば、ワークスペースといってもそんなに広さを取りません。また、デスクの隣に本棚を置くと、作業の際に必要となるものを1カ所にまとめることができ便利です。

カフェ風レイアウト

1LDKなら工夫次第で、カフェ風のレイアウトに仕上げることも可能です。キッチンの向かいにカウンターがある内装の場合なら、座面の高い椅子を2つか3つ並べカフェ風のカウンターをつくりましょう。椅子は同じものでも良いですが、形や色の違うものにするとワンランク上のインテリアに仕上がりになります。また、リビングスペースに置くソファやローテーブルにもこだわりましょう。家具は、ヴィンテージ調のものや落ち着いた色味のものがカフェ風のインテリアには最適です。さらに、インテリアのアクセントにもなる間接照明を置くと、部屋の明かりに陰影がつきカフェ風の落ち着きのある雰囲気になります。

1LDKがおすすめの人は?

1LDKは、広さがある分、ワンルームなどよりも家賃が高めです。そのため、1LDKに住むにあたっては、収入が十分にあることが前提となります。生活費や交際費など他の出費も考慮したうえで、支払いに無理のない範囲内の物件を探しましょう。また、家賃は広さだけでなく駅からの距離や築年数、設備などでも上下します。家賃が高いと感じる場合は、間取り以外の条件面で譲れるポイントがないか考えてみましょう。

また、1LDKは、一人暮らしはもちろん、これから同棲を始める予定の人にも最適です。1LDKほどの広さや間取り、収納量があれば、二人暮らしに必要なスペースが十分確保できます。また、部屋も2つに分けることができるので、お互い適度な距離感を保ちながら過ごせます。同棲を見越して物件を探す場合は、大きめのベッドが置けるか、2人分の収納スペースがあるかなど二人暮らしを想定しなが探しましょう。

1LDKで贅沢な1人暮らしを楽しもう!

狭い部屋での一人暮らしでは、インテリアを楽しむ余裕がなく、生活スペースで埋まってしまいがちです。しかし、1LDKであれば、広さにゆとりがある分、いろいろなレイアウトを楽しみながら余裕を持った暮らしが叶います。贅沢な気分を味わいつつ快適に過ごしたいのなら、1LDKでの一人暮らしを始めてみましょう。

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
ソレイユ上野店

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

一人暮らしに関する人気記事

一人暮らしの関連記事

おすすめの新着賃貸マンション・アパート

賃貸物件を探す

直営45店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • ソレイユ高田馬場店

    • TEL: 03-5337-3777
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都新宿区高田馬場3-2-5 ANビル 8階

    店長:岩橋 一磨
    店長:
    岩橋 一磨
    いわはし かずま
    店舗詳細へ
  • アエラス蒲田店

    • TEL: 03-5714-0541
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都大田区西蒲田7-48-8 ルミエール光 3階

    店長:副田 勝
    店長:
    副田 勝
    そえだ まさる
    店舗詳細へ
  • アエラス練馬店

    • TEL: 03-5912-0620
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都練馬区練馬1-2-8 若葉ビル 6階

    店長:本橋 一陽
    店長:
    本橋 一陽
    もとはし かずひ
    店舗詳細へ
  • アエラス目黒店

    • TEL: 03-5719-3030
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都目黒区目黒1-4-8 東レクビル 5階

    店長:植村 福徳
    店長:
    植村 福徳
    うえむら ふくのり
    店舗詳細へ
  • アエラス錦糸町店

    • TEL: 03-5637-1155
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都墨田区錦糸3-4-10 東越ビル 6階

    店長:高原 大侑
    店長:
    高原 大侑
    たかはら だいゆう
    店舗詳細へ