お部屋探し 2019.04.06

6畳の寝室に合うベッドや家具は?レイアウトを徹底解説

6畳の寝室がある賃貸住宅に引っ越しすることになったとき、迷うのはどのように家具やベッドを配置すれば良いのかです。家具やベッドにはさまざまなサイズがありますし、レイアウトをしっかりと想定して購入しないと後悔する可能性もあります。そこで今回の記事では、6畳の寝室に合った家具やベッドのレイアウト方法を紹介します。また、適切なサイズについても併せて解説するので参考にしてみてください。レイアウトとサイズを理解すれば、イメージ通りの寝室に仕上がるのです。

6畳の寝室のレイアウト

寝室の最も一般的なサイズは6畳です。そのため、6畳の寝室のレイアウトを考えることは、多くの人にとって意味のあることになります。レイアウトを具体的に考えるとき、寝室内の面積で大部分を占めるのはベッドです。例えば、一人暮らしの場合にはセミダブルかダブルベッド利用が多く、二人暮らしの場合はダブルベッドかクイーンベットが多くなります。

実際の実例をいくつか見てみましょう。女性の一人暮らしなら、セミダブルベッドを左右どちらかの壁に寄せて配置します。余ったスペースにはドレッサーやデスク、ハンガーラックなどを置くことが可能です。比較的自由にスペースを使えるのが、このタイプの特徴です。

次に二人暮らしの場合には、クイーンベッドを入れることもあります。その場合には部屋の一番奥にベッドを配置し、余計なものは置かないようにレイアウトします。ベッドが大きめのため、物を置くと圧迫感が出てしまうからです。もし部屋に解放感を出したいときや、歩きやすさを重視したい場合にはローベッドを選ぶのもおすすめです。

このように個々の状況や希望に合わせてベッドのサイズと配置、家具のレイアウトを調整していくことが、上手に空間を使う需要なポイントになります。

お部屋探しの 「不安」や「困った」...
解決できる不動産屋を今すぐチェック →

6畳の寝室にベッドを置く場合

6畳の寝室にベッドを置く場合、具体的な数値としてベッドサイズと必要なスペースを理解しておく必要があります。ここではそれぞれのポイントを解説します。

ベッドを置くときに必要なスペース

ベッドを置くときに必要なスペースは最低限の確保でも構いません。なぜなら、寝室やベッド周りは他の部屋に比べて動き回ることが少ないため、通路スペースはたとえ最低限でも機能するからです。その中でもポイントになるのは、クローゼットの開閉スペースとベッドを壁に寄せるときの距離です。

クローゼットは多くの寝室に設置されていますが、ベッドが邪魔で扉が開かなくなったら使いづらいものになってしまいます。したがって、クローゼットの扉が全開できるスペースは確保するようにすべきです。また、ベッドは完全に壁にくっつけてしまうと、掛け布団が収まらなくなります。そのため、壁から10センチは離して設置するようにしてください。細かい部分ですが、このポイントを理解しておくだけで寝室は使いやすくなります。

6畳の寝室に置けるベッドサイズ

6畳の寝室では、シングルからワイドキングヘッドのベッドまで置くことができます。具体的なマットレスの寸法としては、シングルタイプが幅97x丈195cm、ダブルタイプが幅140x丈195cm、クイーンタイプが幅160x丈195cm、キングタイプが幅180x丈195cm、ワイドキングタイプが幅200x丈195cmとなっています。

これらのベッドを6畳の寝室に置くとすると、一番コンパクトなシングルベッドなら2セット設置することが可能です。次のダブルタイプは最低4.5畳以上あれば設置可能なので、6畳の寝室にも置くことができます。クイーンベッドは収納スペースを圧迫しますが、それでも良いなら同じく設置可能です。また、キングベッドやワイドキングベッドは6畳の寝室における限界サイズです。そのため、置くことはできますが、室内に圧迫感も出てきます。

寝室を広く使いたい人は布団

寝室を広く使いたい場合には、ベッドではなく布団も選択肢に入ります。それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。布団の一番のメリットは、寝室のフリースペースが多くなることです。ベッドだとどうしても物理的にスペースを取られますが、布団は必要に応じて収納できるため、ベッドに比べると広くスペースを使えるのです。

また、季節によって寝る場所を変えたり、寝具の素材そのものを変更したりできるのも布団の利点といえます。デメリットとしては毎日の上げ下ろしが大変なことが挙げられます。さらに、床に直接敷くため、ほこりや湿気の影響も受けやすいです。布団を利用するときは、ほこりや湿気対策として頻繁に外に干す必要があります。

次に、ベッドのメリットとしては、毎日の布団の上げ下ろしが必要ないということが挙げられます。また、高さがある分、布団よりも直接ほこりを吸収することが少ないです。デメリットとしては、物理的なスペースを取られることがあります。衛生面でも寝具を敷いたままにすることが多いため、気を付けないと不衛生になる恐れがあります。そのため、ベッドを利用するときは意識的に布団クリーナーなどを使い、衛生的に保つようにしましょう。

お部屋探しの「問題」を解決できる不動産屋を今すぐチェック →

6畳の寝室に合うテレビ

6畳の寝室にテレビを置く場合にも、いくつかのポイントがあります。まず考えなければいけないのは、テレビを見るときの高さです。一般的に人間は平行か下を向いて画面を見るのが、負担の少ない高さになります。そのため、テレビを見る高さが、負担の少ないものになるように調整する必要があります。例えば、床に座ってみるなら40cmまでの低い台、ソファやベッドに座ってみるなら40~60cmの台を利用すると良いのです。

また、テレビには適正な視聴距離もあるので、それに合わせてテレビとベッドの配置も決めるとさらに良くなります。具体的な距離としては、26インチで1m、32インチで1.2m、40インチのテレビで1.5mの距離を取ると見やすくなります。もし6畳の寝室で視聴するなら、32インチ型テレビが最も見やすいのでおすすめです。

ベッドや家具の配置を考えて快適な寝室にしよう!

ベッドや家具をそれなりに自由に配置できるのが、6畳の寝室というスペースです。ベッドを利用するのはもちろん、布団を活用すればさらに多くのフリースペースを作ることもできます。また、人それぞれ理想とする寝室は違うので、自分にとって使いやすい配置を考えてみましょう。自分のライフスタイルに合った寝室なら、使いやすくて快適なものとなるはずです。

「入居審査」「初期費用」「連帯保証人」が不安...
解決できる不動産屋を今すぐチェック →

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

お部屋探しの関連記事

おすすめの新着賃貸マンション・アパート

賃貸物件を探す

直営59店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • アエラスひばりヶ丘店

    • TEL: 042-438-8681
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都西東京市谷戸町3丁目27−11 JCビル 1階

    店長:鈴木 大貴
    店長:
    鈴木 大貴
    すずき だいき
    店舗詳細へ
  • アエラス南浦和店

    • TEL: 048-811-1055
    • 営業時間: 10:00~19:00

    埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目35−8 サンライト南浦和3番館 1階

    店長:山内 健
    店長:
    山内 健
    やまうち たけし
    店舗詳細へ
  • ソレイユ渋谷店

    • TEL: 03-3770-7111
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都渋谷区宇田川町23−11 リ・エムビル 6階

    店長:橋口 敦
    店長:
    橋口 敦
    はしぐち あつし
    店舗詳細へ
  • アエラス船橋店

    • TEL: 047-411-0090
    • 営業時間: 10:00~19:00

    千葉県船橋市本町5丁目3−3 大野ビル 3階A号室

    店長:壇 直也
    店長:
    壇 直也
    だん なおや
    店舗詳細へ
  • アエラス三鷹店

    • TEL: 0422-50-0693
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都武蔵野市中町1丁目13−2 村越ビル 4階

    店長:江頭 晋介
    店長:
    江頭 晋介
    えとう しんすけ
    店舗詳細へ