費用 2017.12.26

敷金を払ってない!床張替えにおいて、どのくらいの費用負担がうまれるの?

個人が賃貸住宅から引っ越しする際に原状回復工事でトラブルになるケースが少なくありません。特に生活するうえで汚れや傷みがひどくなりやすい床についての費用負担が争点になることも多いものです。ここでは、床に関するトラブルの内容や負担すべき内容などを紹介していきます。

入居時における原状回復と敷金の関係

個人が家を借りるとき貸主と賃貸借契約を結ぶことになりますが、その中に原状回復の条件が一般的に定められています。そして、貸主及び貸主から業務委託を受けている管理会社などから住宅を退去する際に原状回復にかかる費用を請求されるケースが多いのです。

貸主側の原状回復の認識では住宅の状態を賃貸する前と同程度の状態に戻すことで、そのためにかかる費用が借主に請求されるというのが業界では通例になっています。

原状回復費用の処理については、賃貸借契約を結んだ際に収めた敷金や保証金などと相殺されるのが一般的です。原状回復費用よりも敷金のほうがが多かった場合は残額が返還され、少なかった場合は不足分が請求されるのです。敷金などのない賃貸借契約では原状回復費用が満額で請求されることになります。

つまり、敷金を払っていてもそうでなくても原状回復費用は請求され、敷金があれば相殺されるというだけの話です。敷金を支払っていないことが特に問題になることはないので、その点を心配する必要はありません。

原状回復にかかる費用とそのトラブルとは

貸主側の原状回復の認識が住宅の状態を賃貸する前と同程度の状態に戻すことである場合、床やクロスの張替え、天井の塗装などの費用が要求されることが少なくありません。そのため原状回復の工事費用が高額になる傾向があり、借主との間でトラブルとなることが多く、訴訟になることもあります。

そうした事態を回避するために国土交通省は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」で原状回復を次のように定義しています。
「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」
(「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」より抜粋)

つまり、原状回復は借主が借りた時点の家の状態に戻すことではなく、故意や通常の使用を超えて損傷させた場合の復旧工事であることが明確化されたのです。

したがって、借主から借りる時点の状態に戻すための費用として請求された場合その支払いの大半を拒否できる可能性が高まったといえます。借主から不当な請求されて泣き寝入りする必要はなく上記のガイドラインや訴訟例の内容などを参考に貸主と交渉するとよいでしょう。借主が直接貸主側と交渉しにくい場合は、法律の専門家や.敷金返還代行業者に依頼するのもよいかもしれません。

原状回復の床張替えおける費用負担とは

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では日常の通常の使用で損傷した程度の原状回復費用は賃貸料に含まれると認識されています。そのため日常生活に伴う汚れや傷み、経年変化による損傷などは原状回復にあたらず、その費用を借主が負担する必要性は低いといえるでしょう。

しかし、日常利用では発生しにくい汚れや傷をつけてしまうこともあります。窓を開けっぱなしで雨水が入り床を汚したり、飲み物をこぼしてカビを発生させたりした経験を持っている方も少なくないはずです。

また、重量物を床に落として大きな傷をつけることもあるでしょう。その場合は原状回復の対象に該当し借主がその費用を負担する可能性が高くなります。その損傷や汚れなどが通常使用の結果にあたるか、当たらないかの判断は簡単ではないでしょう。

上記判断がトラブルの争点となるポイントなので、ガイドラインには下記のように通常使用によるものかそうでないかを判断できるように参考内容が記されています。

1 床の通常の使用による損傷等(貸主負担の可能性が高いもの)

・畳の裏返し、表替え
・フローリングワックスがけ
・家具の設置による床やカーペットのへこみ、設置跡
・畳の変色、フローリングの色落ち

2 床の通常の使用を超える損傷等(借主負担の可能性が高いもの)

・カーペットに飲み物等をこぼした結果によるシミやカビ
・冷蔵庫下の錆跡
・引っ越し作業などで発生した傷
・借主の不注意で生じた畳やフローリングの色落ち

借主自身が判断できない場合や裁判となる場合には専門家によって床の状態を判断してもらうことも必要になるでしょう。

知っておいて損がない床張替えの相場とは

もし借主の落ち度で床が通常使用以上に損傷しているなら、その原状回復費用を借主が負担することになるかもしれません。しかし、負担するにしてもその費用の金額が妥当であるかどうかが重要になるはずです。

そして、その妥当性を判断するためには床張替え工事費用の市場価格をある程度把握しておく必要があるでしょう。参考までにリフォーム業者が調査した床張替え工事費用の市場価格を紹介します。

1 フローリング

6帖(約10㎡)の部屋の場合、一般的な合板(複合)のフローリングの張替え工事費用の市場価格は約16万円以上で、無垢(単層)のフローリングのそれは約34万円以上になっています。

材料だけでみると、合板(複合)は約4600円/㎡、無垢(単層)は約18000円/㎡となっているので、貸主から提出された費用の内容を確認してみるとよいでしょう。

2 クッションフロア

6帖(約10㎡)の部屋の場合、一般的なクッションフロアの張替え工事費用の市場価格は約5万円以上で、遮音性や機能性の高いタイプのそれは約7万円以上になっています。

原状回復工事なので、現在使用されているクッションフロアと同等のものが原状回復工事で使用されていなければなりません。貸主から費用明細が提出されたら、借主はその点を確認するようにしましょう。

3 カーペット

6帖(約10㎡)の部屋の場合、一般的なカーペットの張替え工事費用の市場価格は約7万円以上で、ウールカーペットのそれは約10万円以上になっています。

カーペットはグレードで分けると普及品、中級品、高級品の分類になり、価格はそのタイプによって大きく異なることもあります。現状のカーペットがどのクラスのタイプなのかをできるだけ正確に把握することが重要です。

まとめ

引っ越しの際に床の張替え費用として、貸主から請求される代金をそのまま支払うと大きな損を被るかもしれません。借主が日常の通常使用で発生する損傷や経年変化は原状回復にあたらないので、請求の内容や金額に納得できない場合は泣き寝入りしないように交渉をしましょう。

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
アエラス蒲田店

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

費用に関する人気記事

費用の関連記事

おすすめの新着賃貸マンション・アパート

賃貸物件を探す

直営43店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • ソレイユ上野店

    • TEL: 03-5817-3344
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都台東区上野2丁目13-12 東洋ビル 6階

    店長:渡邊 太慶
    店長:
    渡邊 太慶
    わたなべ たいけい
    店舗詳細へ
  • アエラス新越谷店

    • TEL: 048-990-7576
    • 営業時間: 10:00~19:00

    埼玉県越谷市南越谷4丁目4-3 和田ビル 103号室

    店長:樋口 勇輔
    店長:
    樋口 勇輔
    ひぐち ゆうすけ
    店舗詳細へ
  • ソレイユ池袋店

    • TEL: 03-5911-0023
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都豊島区南池袋1丁目21-7 南池袋一丁目一番地ビル 7階

    店長:花田 新之介
    店長:
    花田 新之介
    はなだ しんのすけ
    店舗詳細へ
  • アエラス中野店

    • TEL: 03-5345-6655
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都中野区中野5丁目66-4 中野SHKビル 7階

    店長:小島 秀則
    店長:
    小島 秀則
    こじま ひでのり
    店舗詳細へ
  • ソレイユ恵比寿店

    • TEL: 03-5793-5773
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都渋谷区恵比寿1丁目7-13 麻仁ビル恵比寿 2階

    店長:川口 幸宗
    店長:
    川口 幸宗
    かわぐち ゆきむね
    店舗詳細へ