お部屋探し 2019.07.21

賃貸審査にはなぜ落ちたの?次に向けてできることは何?

物件を借りるためには賃貸審査に通過する必要があります。しかし、場合によっては審査に落ちてしまうことも少なくありません。賃貸審査に落ちるのには相応の原因があります。この記事ではどのような原因で審査に落ちるのか、また次にできることは何かを解説していきますので、賃貸審査に通過できずにお悩みの人や、これから物件を申し込む予定がある人はぜひ参考にしてみてください。

賃貸審査では何をチェックしているの?

賃貸住宅に入居したい場合、必ず賃貸審査に通過しなければなりません。賃貸審査とは、その物件に入居するうえで家賃の支払いや、人柄などに問題がないかどうかを判断するものです。チェックされる項目はいくつかありますが、賃貸審査で最も重要なのは家賃の支払いが可能かどうかという点です。入居したら毎月必ず家賃を支払わなければなりません。そのため、継続して家賃を支払えると判断されなければ審査に落ちる可能性が高いです。収入が安定している職種や勤務先であれば問題ありませんが、無職だったり収入が安定していなかったりすると審査の通過が難しくなります。また、収入があっても毎月の増減が大きかったり、勤務先の業績が不安定だったりする場合も、いつ家賃が払えなくなるか分からないため難しいことが多いです。その他、家賃を支払いに充てられる十分な資産があるかどうかも審査の対象となることがあります。

契約するにあたって連帯保証人が安定収入のある親族かどうかも重要です。保証人が親族でない場合は、頼めない特別な事情があると考えられてしまいます。親族であっても収入がなかったり、滞納歴があったりすると審査で不利となる可能性が高いです。また、トラブルを起こしそうな人柄かどうかもチェックされるポイントとなります。服装や乗っている車、ヘアスタイル、装飾品、タトゥーなどの他にも、電話での話し方や不動産会社のスタッフへの態度も審査の対象となるため、良識のある対応をするようにしましょう。

賃貸審査に落ちる主な原因

賃貸審査に落ちてしまう原因は主に2つあります。ここからはその原因についてそれぞれ詳しく解説していきます。

収入が少ないまたは不安定

賃貸審査に落ちてしまう主な原因の1つ目は、収入が少ないまたは不安定なためです。賃貸審査に通過するには、未払いや滞納をせずに家賃を継続して支払えると判断されなければなりません。そのため、収入が少ない場合や収入に見合わない物件に申し込んだ場合には、審査に落ちやすくなってしまいます。一般的に家賃は収入の3分の1が目安とされています。物件を選ぶときにはその範囲内で選ぶようにしましょう。また、収入に見合った物件に申し込んだとしても、正社員以外の雇用形態だったり、増減が大きいなど収入が安定していなかったりする場合には、不安視されて落とされることもあります。また正社員であっても、入社して1年未満の場合には賃貸審査に落ちる可能性が高くなります。

信頼性に問題があるケース

賃貸審査に落ちてしまう主な原因の2つ目は、信頼性に問題がある場合です。例えば多くの物件では契約の際、連帯保証人を立てなければなりませんが、連帯保証人を親族以外で選んだ場合、いざというときに備えられないとして賃貸審査に落ちやすくなります。また、親族であっても安定した収入がない場合には審査の通過は難しいかもしれません。その他、同棲やルームシェアでの申し込みは、いつ関係が解消されるか分からないため、こちらも賃貸審査に落ちやすくなります。そのような場合には婚約者として申し込むと審査に通過しやすくなるでしょう。言葉遣いが乱暴だったり、服装が不衛生だったりするなど、不動産会社などに悪い印象を与えた場合も信頼されにくく、人柄に問題があると判断されて審査に落ちる原因のひとつです。

審査に落ちた人が取るべき対策

では賃貸審査に落ちた場合、どのような対策をしたら良いのでしょうか。この段落では審査に落ちた人が取るべき対策について解説していきます。

収入に見合った物件を選ぶ

まず重要なのは、収入に見合った物件を選ぶことです。賃貸審査で最も重要なのは家賃が支払えるかどうかというところです。そのため、収入が少ないまたは不安定などが原因で審査に落ちている場合は、収入に見合う物件を選ぶことで賃貸審査に通りやすくなります。1年間の家賃が年収の3分の1以内に収まっている物件を選びましょう。収入が不安定だと判断される職業の場合には、収入が安定していることを証明する書類を添付することで審査により通りやすくなります。また、収入が少なくても資産があることを示せば、審査に通過できる場合があります。審査基準が不動産会社によって異なるため、審査に落ちてしまっても不動産会社を変えたことにより、同じ条件で通過したケースも少なくありません。収入が不安定だったり無職だったりしても、連帯保証人や入居者の状況によって借りられるところはあるので、審査に通過できなくても諦めずに他の物件を探してみましょう。

連帯保証人を見直す

賃貸審査に落ちた場合、連帯保証人を見直すことで審査に通過しやすくなる可能性があります。連帯保証人に安定した収入がないなどの理由から、審査に落ちているケースも少なくありません。連帯保証人はなるべく安定した収入のある親族を選ぶようにしましょう。もし、親族が亡くなっているなどの理由で連帯保証人が立てられないときには、その旨を説明することで審査に通過しやすくなる場合があります。どうしても連帯保証人を見つけられない場合には、保証会社を利用するのも有効な方法のひとつです。保証会社は書面での審査となり、無職であっても利用が可能なところもあります。預貯金や資産が十分にあれば審査に通りやすいため、連帯保証人を立てることが難しい場合には利用を検討してみるのも良いかもしれません。

落ちた原因を踏まえて別の物件を探そう

賃貸審査に落ちた原因が分からないままでは、他の物件を申し込んでもまた賃貸審査に落ちてしまう可能性が高いです。次に向けて何が原因で審査に通過できなかったのかを確かめておきましょう。予算や連帯保証人などを事前に決めておけば手続きもスムーズに進みます。希望の物件に入居するためにもしっかりと対策しておくことが重要です。

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
アエラス立川店

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

お部屋探しに関する人気記事

お部屋探しの関連記事

おすすめの新着賃貸マンション・アパート

賃貸物件を探す

直営45店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • アエラス国分寺店

    • TEL: 042-320-6131
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都国分寺市南町3-18-4 浅見ビル 2階

    店長:本村 宣博
    店長:
    本村 宣博
    もとむら のぶひろ
    店舗詳細へ
  • アエラス吉祥寺店

    • TEL: 0422-23-8011
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-27 PAL吉 2階

    店長:小島 秀則
    店長:
    小島 秀則
    こじま ひでのり
    店舗詳細へ
  • グランデ上野店

    • TEL: 03-5846-1636
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都台東区上野6-1-1 小西本店ビル 602号室

    店長:岡村 満
    店長:
    岡村 満
    おかむら みつる
    店舗詳細へ
  • アエラス巣鴨店

    • TEL: 03-5980-6233
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都豊島区巣鴨2-5-4 巣鴨会館ビル 3階

    店長:伊藤 久
    店長:
    伊藤 久
    いとう ひさし
    店舗詳細へ
  • ソレイユ恵比寿店

    • TEL: 03-5793-5773
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都渋谷区恵比寿1-7-13 麻仁ビル恵比寿 2階

    店長:石倉 慶一
    店長:
    石倉 慶一
    いしくら けいいち
    店舗詳細へ