お部屋探し 2019.08.14

絶対に負けられない戦い!マンションのゴキブリ徹底対策

部屋で目にして恐怖を感じるものといえば、まっさきに思いつくのがゴキブリかもしれません。虫が苦手な場合は自分だけで対処できず、戦々恐々として、眠ることさえままならない人もいるでしょう。一方で、自分で対処できたとしても、部屋にゴキブリが出たらいい気分ではないはずです。そこで今回は、マンションでできるゴキブリ対策について紹介します。

ゴキブリの生態とは?

ゴキブリと一言でいっても、種類があるのを知っていますか。日本でよく見かけるゴキブリは、実は「チャバネゴキブリ」や「クロゴキブリ」という種類であることが多いのです。チャバネゴキブリは小さめで茶色いのが特徴で、クロゴキブリはチャバネゴキブリの倍ほどの大きさで黒いのが特徴です。ゴキブリは、種類によって住む場所が異なります。たとえば、チャバネゴキブリは家電の裏などの比較的暖かい場所を好む傾向があります。それに対して、クロゴキブリはキッチンや洗面所などの湿った場所を好むのです。

共通するのは、いずれも狭くて暗い場所であるという点でしょう。種類に関わらず、ゴキブリはベランダや玄関などのほんのわずかな隙間から部屋に侵入してきます。基本的には夜間に移動するため、あまり人目につくことはありません。ゴキブリは、雑食性があることでも知られています。好みはあるものの、基本的にはなんでも食べることができるのです。

特に、甘いものを好む傾向があるため、狙われやすい油や砂糖などはしっかり密閉するなどして保存しておく必要があるでしょう。また、保存がきくため多くの家庭で常備しているタマネギやジャガイモも、実はゴキブリの大好物なので注意が必要です。多くの生き物と同様に水分も必須なため、水回りにもよく姿を現します。このように雑食性の特性を備え、生命力の強さで知られるゴキブリですが、一方で、レモンなどの柑橘系の匂いや塩は苦手とされています。

ゴキブリが出やすい周辺環境

ゴキブリが出やすいマンションには特徴があるため、家探しの際にしっかりチェックしておくことで、遭遇率を下げられるかもしれません。まず、飲食店やコンビニなどが下の階にある物件は要注意です。利用者にとっても便利ではあるものの、食材が豊富であり、かつ、ゴキブリが好む環境を備えているため、ゴキブリを招きやすいという側面があるのです。自動販売機が設置されている場合も、その下にもぐりこんだゴキブリが室内にまで侵入してくる可能性があるため、注意しましょう。

公園や木の近くなどの自然が多い場所も、比較的出やすい環境といえます。また、築年数の古い家も、劣化によってゴキブリが侵入しやすく、かつ、好む場所になっている可能性があります。特に、木造建築の場合は経年とともに建物の気密性が下がるため、侵入の経路ができやすいので注意が必要です。空き部屋の近くにも注意しましょう。排水溝や換気扇などからも侵入できるため、条件さえ満たせば高い場所にも出没します。ただし、上層階に比べれば、下層階のほうが出やすい環境といえるでしょう。

マンション共用部分の発生場所

マンションの場合は、共有部分に発生することも留意しておきましょう。代表的な場所は、ゴミ捨て場です。食糧が豊富なうえ、ゴキブリが好む暗くて狭い場所ができやすいので発生率が高いといえます。そのほかにも、使用頻度の少ない倉庫やエレベーターの内部、電気室・機械室・パイプスペースなども要注意です。

また、マンホールや排水管、側溝付近や植木がある場所、配管と壁をつなぐ部分なども、ゴキブリが発生しやすいポイントです。このような共用スペースにゴキブリが発生している場合は、管理組合や管理会社に駆除を依頼しましょう。入居前であれば、定期的に駆除対策をしているかも確認しておくと安心です。

部屋のゴキブリ対策と駆除方法

マンションの共有部とは異なり、部屋の場合は自分での対策がかかせません。無用な争いを避けるためにも、ゴキブリの生態を理解して、部屋にゴキブリを侵入させない方法を実践してみましょう。また、万が一遭遇してしまった場合の駆除方法についても解説していきます。

ゴキブリが生息する条件

ゴキブリが生息する条件は、第一に「侵入経路があること」です。一度でも侵入されてしまった場合、その経路はゴキブリの仲間内で共有されていると考えていいでしょう。また、「巣作りに適した場所があること」も大切な条件の一つです。具体的には暗くて狭い場所のことを指しますが、家電や家具などを配置することでどうしてもそうした場所はできてしまうため、この条件を排除することは難しいかもしれません。

次に、「エサがあること」です。ゴキブリは雑食性があるため、食べかすや常温保存している野菜がエサになることが考えられます。これら3つの条件を満たすとゴキブリが侵入し、その後すみつきやすい環境になってしまいます。

部屋のゴキブリ対策

ゴキブリの侵入を防ぐためには、とにかくゴキブリの侵入経路をふさぐことが大切です。できれば、ゴキブリが隠れそうな場所をつくらないようにするといいでしょう。また、日頃からできる対策として、部屋の掃除、整理整頓を心がけます。食材に関しては、冷蔵庫に入れるか密封容器を利用して、ゴキブリのエサとなるものをつくらないようにしましょう。生ごみは水分をしっかり切り、臭いが漏れないようにビニールなどに入れてから捨てるようにします。フタつきのゴミ箱を利用すれば、なお安心でしょう。

ゴキブリの駆除方法

ゴキブリを駆除することを目的として、さまざまな商品が売り出されています。そのため、場所に応じて種類を使い分けるといいでしょう。まず、置き型の駆除薬は、置いておくだけでわなにかかったゴキブリはもちろん、お腹にいる子供や巣の仲間まで駆除できる効果が期待されています。煙が出るタイプの駆除薬は、入居前などに予防としても使えます。

スプレータイプは、ゴキブリの侵入経路に吹きかけることで侵入を防ぐ効果が期待できるため、玄関や窓の隙間などに定期的に吹きかけておくといいでしょう。実際に遭遇してしまった場面では、スプレーを吹きかけることでゴキブリの動きをとめられるタイプもあります。また、粘着タイプであれば、おびき寄せられたゴキブリを捕獲することができます。

ゴキブリは侵入防止と徹底駆除が大切!

ゴキブリは非常に繁殖力が強く、仲間同士で生活するため、一度すみついてしまうと駆除が大変です。目の前に現れてから慌てないよう、ゴキブリの侵入経路に注意し、必要であればスプレーなどの対策グッズで定期的に対策しておく必要があります。また、日頃から部屋の掃除を徹底して清潔を保つことで、ゴキブリの出ない部屋づくりを目指しましょう。

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
アエラス南浦和店

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

お部屋探しに関する人気記事

お部屋探しの関連記事

賃貸物件を探す

直営45店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • アエラス駒込店

    • TEL: 03-5319-3322
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都豊島区駒込1-42-5 EK駒込ビル 1階・2階

    店長:濱崎 真治
    店長:
    濱崎 真治
    はまさき しんじ
    店舗詳細へ
  • グランデ上野店

    • TEL: 03-5846-1636
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都台東区上野6-1-1 小西本店ビル 602号室

    店長:岡村 満
    店長:
    岡村 満
    おかむら みつる
    店舗詳細へ
  • アエラス立川店

    • TEL: 042-548-0805
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都立川市曙町2-12-16 サワービル第一 6階

    店長:田頭 弘道
    店長:
    田頭 弘道
    たがしら ひろみち
    店舗詳細へ
  • アエラス御茶ノ水店

    • TEL: 03-5577-1001
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都千代田区神田駿河台2-3-5 お茶の水CRビル 7階

    店長:濱崎 真治
    店長:
    濱崎 真治
    はまさき しんじ
    店舗詳細へ
  • グランデ池袋店

    • TEL: 03-5953-5222
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都豊島区東池袋4-25-12 サンシャイン・サイド 5階

    店長:斎藤 了太
    店長:
    斎藤 了太
    さいとう りょうた
    店舗詳細へ