一人暮らし 2019.10.21

一人暮らしを始めるのに必要な手続きは?ジャンル別に確認しよう

一人暮らしを始めるためには、住民票の移転や公共料金の申し込みなど、さまざまな手続きが必要になります。しかし、どんな手続きをどのタイミングで行えばいいのか、わからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、一人暮らしの際に必要となる手続きを、引っ越し前と引っ越し当日、そして、引っ越し後に分けて紹介していきます。

引っ越し前にしておく手続きは?

スムーズに一人暮らしをスタートさせるためには、引っ越し前にしておくべき手続きがあります。まず、電気、水道、ガスが使えるように申し込んでおきましょう。これらの手続きは電話またはインターネットから行うことが可能です。遅くても1週間前までには済ませておきましょう。

電気や水道の場合、入居日を伝えればその日から使うことができます。一方、ガスの場合は開栓する際に立ち会わなくてはなりません。入居日に開栓してもらえるように手続きを行いましょう。ガスが使えないと、料理をしたり、お風呂に入ったりすることができなくなります。ただし、マンションやアパートの場合、一括して同じ電力会社に入っていることもあります。また、水道に関しては、不動産屋が手続きを行っているケースもあるです。手続きする前に不動産屋に聞いてみたほうがいいでしょう。

次に、住民票を移転する手続きも必要です。引越し先が今まで住んでいた市区町村とは違う場合は、転出届を提出したうえで、転出証明書をもらっておきましょう。ただし、大学進学のための一人暮らしで生活の本拠地は実家のままなのであれば、住民票を移転する必要ありません。ただし、公的なもの、たとえば選挙の案内や健康保険証などは、住民票の住所に、つまり実家に届くことになります。

また、引っ越し先に郵便物が届くように転送の手続きもしておきます。転送手続きはインターネットからでも可能です。このとき、ほかの家族はそのままで自分一人だけ新居に郵便物を送ってもらうというようなこともできます。このほか、インターネットを使いたいのであれば、インターネットの契約も必要です。初めての一人暮らしなら、プロバイダ契約も忘れずに行います。

お部屋探しの 「不安」や「困った」...
解決できる不動産屋を今すぐチェック →

引っ越し当日の手続きは?

引っ越し当日は、ライフラインに関する手続きを行いましょう。電気、水道、ガスが使えないとなると、生活するのに不便です。当日に立ち合いが必要な手続きは、ガスの開栓のみです。一方、電気や水道に関しては、立ち合いは不要です。ただし、電気はブレーカーを上げなければ使うことができません。どこにあるのかわからず、困ってしまわないように、ブレーカーの位置は不動産屋に確認しておくようにしましょう。ブレーカーを上げた状態で電気がつけば、それ以上何もすることはありません。水道も蛇口をひねって、水が出ればそれでOKです。もし水が出ないようであれば、元栓が閉まっているので、開けるようにしましょう。

引っ越し後に行う手続きは?

引っ越した後に行う手続きもあります。まず、最初に住民票を異動する手続きをしましょう。引っ越してから2週間以内に済ませるのが目安です。このとき、引っ越し前に手続きをしてもらっておいた転出証明書が必要になります。このほか、役所には印鑑、身分証明書も持参します。そして、転入届を記入し提出すれば、住民票は引っ越し先に移るのです。国民健康保険などの手続きが必要な場合は、この手続きの際に役所から案内してもらえます。

住民票を移動させたら、ついでに住民票の写しをもらっておくことにしましょう。身分証明書の住所変更の手続きに必要になるからです。たとえば、運転免許証の住所変更には、証明書類として住民票の写しが必要になります。最寄りの警察署に住民票の写しを持っていき、手続きを済ませます。このほか、銀行やクレジットカード、携帯電話、個人契約の保険などの住所変更もしておかなくてはなりません。直接、出向かなくても、インターネットでできるものも多いため、確認してみましょう。また、学校や会社にも新しい住所を伝えるようにします。学校や会社に転居届がある場合は、必要事項を記入して出すようにします。

お部屋探しの「問題」を解決できる不動産屋を今すぐチェック →

一人暮らしの手続きで注意が必要なこと

先で述べた一人暮らしの手続きを行ううえで、注意しておきたいことを紹介していきます。

手続きによって期限が異なる

注意点の1つ目は、手続きによって期限が異なることです。新しい引っ越し先に住民票を異動させるには、引っ越す前の役所で転出証明書をもらっておかなくてはなりません。転出証明書に関しては、引っ越しを行う2週間前から申請することができます。忘れないうちに手続きを済ませておくようにしましょう。次に郵便物の転送は、手続きしてから約1週間後に開始することになります。そのため、転送の手続きが直前になってしまうと、引っ越し先に郵便物が届かないといった恐れがあるのです。このほか、引っ越し先でインターネットを使う場合は、早めに契約を済ませておくようにしましょう。というのも、引っ越しシーズンは回線工事の希望者が多く、なかなか順番が回ってこないからです。

住む部屋によって必要な手続きが異なる

注意点の2つ目は、住む部屋によって必要な手続きが異なるということです。まず、部屋によってはインターネット環境が完備されている場合があります。この場合、インターネットの回線工事は必要ありません。部屋を借りる契約をすると、インターネットの手続きが終わっていることが多いのです。借りるときにインターネット環境はどうなっているのかを確認してみましょう。無駄な契約や手続きをする必要がなくなります。次に、ガスの場合は都市ガスかLPガスかによって、手続きを行う連絡先が違います。不動産屋にどちらに連絡すればよいのかを聞いてみるようにしましょう。

リストアップして漏らさず手続きを済まそう

引っ越しはやることが多く、忙しいものです。そのため、うっかり必要な手続きを忘れてしまうこともあるかもしれません。そうしたミスを防ぐためには、引っ越す際に必要な手続き、特に住所変更の必要なものをリストアップしておくことが大切です。手続きごとにいつまでに行えばいいのか、ノートに記載しておくようにしましょう。

「入居審査」「初期費用」「連帯保証人」が不安...
解決できる不動産屋を今すぐチェック →

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
ソレイユ池袋店

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

一人暮らしに関する人気記事

一人暮らしの関連記事

賃貸物件を探す

直営50店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • ソレイユ五反田店

    • TEL: 03-5792-5770
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都品川区東五反田5丁目27−10 野村ビル 9階A号室

    店長:中矢 叔希
    店長:
    中矢 叔希
    なかや よしき
    店舗詳細へ
  • アエラス南浦和店

    • TEL: 048-811-1055
    • 営業時間: 10:00~19:00

    埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目35−8 サンライト南浦和3番館 1階

    店長:山内 健
    店長:
    山内 健
    やまうち たけし
    店舗詳細へ
  • アエラス中野店

    • TEL: 03-5345-6655
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都中野区中野5丁目66−4 中野SHKビル 7階

    店長:小島 秀則
    店長:
    小島 秀則
    こじま ひでのり
    店舗詳細へ
  • ソレイユ上野店

    • TEL: 03-5817-3344
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都台東区上野2丁目13−12 東洋ビル 6階

    店長:渡邊 太慶
    店長:
    渡邊 太慶
    わたなべ たいけい
    店舗詳細へ
  • アエラス船橋店

    • TEL: 047-411-0090
    • 営業時間: 10:00~19:00

    千葉県船橋市本町5丁目3−3 大野ビル 3階A号室

    店長:井内 洋斗
    店長:
    井内 洋斗
    いうち ひろと
    店舗詳細へ