お部屋探し 2019.11.06

ワンルームとはどんな部屋?初めての一人暮らしに役立つ!部屋の選び方

1人暮らしを始める場合に、人気なのが「ワンルーム」の部屋です。ただ、さまざまな物件を見ていると、「ワンルーム」と「1K」の違いがわからず困ってしまう人もいます。ワンルームと1Kには、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、どちらを選ぶべきか悩んでいる人に向けて、ワンルームと1Kの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

ワンルームとは?

ワンルームとは、簡単にいうと「キッチンスペースを含む1部屋のみの間取り」のことです。また、ワンルームは間取り図などで、「1R」と表記されるケースもあります。ワンルームは1人暮らし向けの部屋として、最もシンプルな間取りです。特徴としては、「部屋に仕切りがない」ことが挙げられます。玄関を開けるとすぐにそこが部屋となっており、オープンな空間が広がっています。

お部屋探しの 「不安」や「困った」...
解決できる不動産屋を今すぐチェック →

ワンルームと1Kの違い

部屋探しにおいてよく混同されがちなのが、「ワンルーム」と「1K」です。これらは同じように捉えられがちですが、明確な違いがあります。きちんと違いを理解したうえで、自分に合う間取りを選ぶのが大切です。1Kは、「1部屋とキッチン」を意味しています。なお、間取り図によっては、キッチンは「K」と表記されることがあります。

ワンルームと1Kの大きな違いは、「部屋とキッチンスペースの間に仕切りがあるかどうか」という点です。1Kの場合、キッチンが居室と分けられています。たとえば、間取り図を見たときに、ドアや壁などでキッチンと居室が仕切られている部屋は、「1K」ということになります。ワンルームは部屋とキッチンが一続きになっており、オープンな空間になっているのが特徴です。一方、1Kは居室とキッチンを分けて生活でき、メリハリのあるライフスタイルを送れます。

ワンルームと1Kどちらを選ぶ?それぞれのメリット・デメリット

部屋はきちんと特徴やメリット・デメリットを考慮したうえで、慎重に選ぶのが大切です。ワンルームと1Kのどちらを選ぶべきなのか判断するために、メリット・デメリットについて確認していきましょう。

ワンルームのメリット・デメリット

ワンルームのメリット・デメリットには、以下のようなものが挙げられます。まず、メリットは「キッチンスペースが広い」ことです。部屋に間仕切りや壁などがないぶん、キッチンスペースが広々としているのが魅力です。広いキッチンスペースでゆったりと料理を楽しむことができます。また、大きい食器棚や冷蔵庫も置くことができ、料理好きな人には大きなメリットとなるでしょう。

また、「エアコンが効いた部屋で過ごせる」のも大きなメリットです。仕切りがないためエアコンの風が行き渡りやすく、快適な室温でテレビを見ながら料理できます。また、ワンルームは「家賃が安い」のも魅力です。建設や設備のコストを抑えやすいことから、家賃が安い傾向にあります。そのため、できる限り家賃にかかる出費を減らしたい、という人にとって、大きな魅力といえるでしょう。

それに加えて、「レイアウトの自由度が高い」「掃除が楽」といった特徴もあります。ワンルームは仕切りがないぶん、レイアウトを自由に考えやすいのです。背の低い家具を置いて空間を広くみせたり、収納力に優れた家具を置いてすっきりとした空間を演出したりできます。さらに、衝立を用意して区切るなど、自分好みの空間にアレンジできるのが魅力です。また、ワンルームは部屋が一続きになっているため、掃除の手間がかかりにくい傾向にあります。仕切りがないぶん隅が少なく、簡単に掃除できるのです。

一方、デメリットには「部屋に料理のにおいが充満する可能性が高い」ことが挙げられます。ワンルームは生活するスペース内で調理をすることになります。すると、料理のときに部屋ににおいが充満したり、家具や衣類ににおいがついたりする可能性があるため、注意が必要です。特に、節約のために自炊を考えている人は、考慮すべきポイントといえるでしょう。

また、「冷蔵庫の音が気になる場合がある」のもデメリットです。就寝中など、部屋が静かな状態のときは、音が気になってしまう場合があります。また、友達や恋人を部屋に招いた際、トイレの音が気になることもあるでしょう。

1Kのメリット・デメリット

1Kのメリット・デメリットには、以下のような点が挙げられます。まず、メリットは「料理のにおいや来客のトイレの音などが気にならない」ことです。キッチンスペースと居室が分かれているため、においや音を気にせずに済みます。よく料理をしたり来客が多かったりする場合は、1Kを選ぶと快適に生活しやすくなる可能性があります。

また、「急な来客にも焦らずに済む」のもメリットです。ワンルームの場合、玄関を開けると部屋が丸見えの状態になるため、散らかっていると恥ずかしさを感じてしまう場合があります。その点、1Kであれば急な来客があっても、居室の扉を閉めておけば部屋が散らかっていることを隠せます。

一方、デメリットは「ワンルームに比べて家賃相場が高い」ことです。毎月の家賃を抑えたい人には、不向きな場合があります。また、「キッチンスペースが夏に暑く冬に寒い」というデメリットもあります。ドアでエアコンの風が遮られてしまうため、暑い時期や寒い時期は、キッチンに立つのがつらく感じてしまう人もいるのです。

お部屋探しの「問題」を解決できる不動産屋を今すぐチェック →

ワンルームの広さに関する注意点

ワンルームに住みたいと考えているときは、「広さ」に注意する必要があります。なぜなら、ワンルームの広さの表記には、玄関・廊下・キッチンなども含まれているためです。

部屋の中心に広さが表記されていると、そのスペースだけを指していると勘違いしてしまう人も少なくありません。このような考えで実際に現地に行ってみると、図面で見るよりも狭く感じてしまうケースも多いため、注意が必要です。実際に見ると、2畳ほど狭くなると体感する人もいます。ワンルームの部屋を探す際は、しっかりと専有面積を確認しましょう。

ライフスタイルに合った部屋を選ぼう

ワンルームと1Kは、一人暮らしに適している間取りだといわれています。ただ、この2つはそれぞれ特徴が異なるため、注意が必要です。部屋を決めてから「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、しっかりとポイントを押さえておく必要があります。それぞれの間取りのメリット・デメリットを踏まえて、自分のライフスタイルに合う部屋を選択しましょう。

「入居審査」「初期費用」「連帯保証人」が不安...
解決できる不動産屋を今すぐチェック →

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
ソレイユ新宿店

この記事を書いたライター

アエラスグループ コラム編集部

アエラスグループ コラム編集部です。

『はじめての一人暮らしで、なにからはじめればいいのかわからない…。』
『引っ越しは何度も経験しているけれど、次はもっと自分に合った物件を見つけたい!』
『無事に新生活がスタート!日々の生活に役立つ情報が知りたい。』

わたしたちは、そんなさまざまな思いを抱えるみなさまの声にお応えすべく、賃貸物件探しやお引っ越し、新居での役立つ情報などを発信していきます。

よろしくお願いします!

お部屋探しに関する人気記事

お部屋探しの関連記事

おすすめの新着賃貸マンション・アパート

賃貸物件を探す

直営45店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • アエラス中野店

    • TEL: 03-5345-6655
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都中野区中野5-66-4 中野SHKビル 7階

    店長:小島 秀則
    店長:
    小島 秀則
    こじま ひでのり
    店舗詳細へ
  • ソレイユ渋谷店

    • TEL: 03-3770-7111
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都渋谷区宇田川町23-11 リ・エムビル 6階

    店長:橋口 敦
    店長:
    橋口 敦
    はしぐち あつし
    店舗詳細へ
  • アエラスひばりヶ丘店

    • TEL: 042-438-8681
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都西東京市谷戸町3-27-11 JCビル 1階

    店長:鈴木 大貴
    店長:
    鈴木 大貴
    すずき だいき
    店舗詳細へ
  • アエラス船橋店

    • TEL: 047-411-0090
    • 営業時間: 10:00~19:00

    千葉県船橋市本町5-3-3 大野ビル 3階A

    店長:井内 洋斗
    店長:
    井内 洋斗
    いうち ひろと
    店舗詳細へ
  • アエラス錦糸町店

    • TEL: 03-5637-1155
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都墨田区錦糸3-4-10 東越ビル 6階

    店長:高原 大侑
    店長:
    高原 大侑
    たかはら だいゆう
    店舗詳細へ