梅雨から夏にかけての引っ越しはなぜお得?日本人の引っ越しに対する考え方とともに解説します!

梅雨から夏にかけて、多くの人は引っ越しする機会が少なくなります。それは新シーズンも始まってからある程度期間も過ぎ、引っ越しの閑散期に入るからです。では、この時期に引っ越しすることはどのようなメリットがあるのか?また日本人の引っ越しに対する考え方もひも解いていきます!

梅雨から夏にかけては引っ越しの閑散期!

不動産賃貸業界においては、6月と7月は特に引っ越しが少ない時期であるといわれています。

12月以降の学生たちが推薦などで進路が決定するような時期から4月にかけて、不動産賃貸業界は基本忙しくなるようです。
そうなると、やはり新しい年度になってから時期も過ぎていますし、梅雨~夏の時期はすっぽりと空きます。

そこで、梅雨~夏の時期は基本的に賃貸の料金もですが、その他の金額の点(引っ越し業者、仲介者手数料、敷金、礼金など)で値段交渉がしやすい時期だといわれています。
そのため、この時期に引っ越しする必要が生じた時に交渉することはありだといえます。

定住することに固執しない考え方

ただ、梅雨~夏に引っ越しすることあまり自体ないのでは?と思われますよね。それに、引っ越し貧乏と呼ばれるように、引っ越しには大きな動力と費用がかかるものです。

だからこそ、繰り返し引っ越しすることは意味がない感じられる方もおられるかもしれません。
では、引っ越しを行うことにどのようなメリットがあるのか?それに、どのような場合に引っ越しは必要とされるのでしょうか?

少し視点を変えて、日本人の定住という考え方について検証してみましょう。

引っ越しに消極的な日本人

一度、決めたらこの部屋からからは出ないと考えてしまうのが日本人の特性だと言えます。
この特性には、移動性の民族でないことから家の移動や引っ越しが億劫に感じてしまいがちな日本人の気質が表れていると思います。

基本的に家の中に物が溢れている様子は欧米の部屋のインテリアと比べるとわかると思います。
やはり移動性の国民性であることも影響しているのかもしれません。
もちろんこれは断定していえることではありませんが、欧米の方はわりと引っ越しをそれほど苦に感じていない印象があります。

引っ越しは何度したっていい

そこで、自身の考え方の一つのオプションとして、何度でも引っ越しするという選択肢もありだということを入れておいてはいかがでしょうか。

例えば4月から部屋を借りて自分の範囲では解決しようのない問題があった場合、再び引っ越しするというのはありだということです。
時期としては閑散期にあたり値段交渉もしやすい梅雨~夏の時期がおすすめです。
また、何年も問題を抱えていて、引っ越しするタイミングを考えている場合にも、梅雨~夏の時期がおすすめです。

では、どのような問題は解決しようがないといえるでしょうか?

1. 近所とのトラブル(騒音、危険な感じがする、嫌がらせなど)
2. 治安が悪い
3. 交通網が予想以上に悪く通勤・通学に時間がかかる
4. 日照などの環境の問題

このような問題は自分の調整範囲を超えたもので、長期間このような問題にさらされると大きな支障をきたす場合(うつ病を患うなど)もあって、移動してしまうことは解決策の一つとして重要です。

もちろん引っ越しの時点で、問題をクリアした物件を選択するべきではありますが、完璧にいかない場合もあります。

次回の引っ越しを見据えた部屋探し

そこで、部屋を借りる前に、今後引っ越しする可能性を考慮しておくことは重要です。先を見据え、次回引っ越ししやすいような契約にしておくことがまで考えておきましょう。

よく聞かれるのがマンスリーマンションというサービスですが、家具や家電もオプションとして付いている場合が多いので、選択肢としては大いにありです。
もちろん一人暮らしのためのワンルームタイプも存在します。

契約内容は3か月ごとというのがよく見られるように思われます。東京23区でも3か月でも¥350,000ほどでしょうか?
個別に、自分に合う物件を探していただく必要がありますが、値段の設定としてはこれぐらいの値段のものが東京近郊ではあります。

それに不随するサービスの中に防犯カメラ付きであったり、Wi-Fiありの物件もありますから、結果的に安く上がることや安全面でも利点はあります。
次回引っ越しする可能性も考えて引っ越しする際には短期で試して生活してみて、さらに引っ越しする必要を感じたら移動するというのも良い方法です。

梅雨~夏を利用して、気軽に引っ越そう

今はかつてないほど変化が激しい時代で、安定した終身雇用も難しい時代です。競争社会ゆえ私たちの側に移動がよく求められます。
引っ越しが億劫にならないような考え方も求められているのかもしれません。

引っ越しをする際は、次回の引っ越しまで見据えての部屋探しをしましょう。

また自分で引っ越し時期を決められる場合は、ぜひ梅雨~夏場にかけての引っ越しにしてみてください。今回ご紹介したような金銭的な面でのメリットを享受できるはずです。

まだ多くの不動産会社にお問い合わせしていますか?全ての不動産会社が取り扱っている賃貸物件をまとめてお問い合わせ・ご案内できる店舗はこちらです。店舗一覧へ
関連店舗:
アエラス荻窪店

この記事を書いたライター

ケンギーニョ

ライターまた翻訳家として活動、海外での生活の経験を活かし幅広い視野で不動産事情をお伝えできるかと思います。
日本の家事情やプライバシーの守り方は独特であって、その点を十分に考慮することも大切だと思います。
少しでも、役立てる実際的な情報を提供します。

あわせて読みたい賃貸情報記事

おすすめの新着賃貸マンション・アパート

賃貸物件を探す

直営43店舗!お問い合わせはお近くのアエラスグループへ

  • ソレイユ恵比寿店

    • TEL: 03-5793-5773
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都渋谷区恵比寿1丁目7-13 麻仁ビル恵比寿 2階

    店長:川口 幸宗
    店長:
    川口 幸宗
    かわぐち ゆきむね
    店舗詳細へ
  • アエラス船橋店

    • TEL: 047-411-0090
    • 営業時間: 10:00~19:00

    千葉県船橋市本町5丁目3-3 大野ビル 3階A

    店長:望月 裕貴
    店長:
    望月 裕貴
    もちづき ゆうき
    店舗詳細へ
  • アエラス王子店

    • TEL: 03-5902-9100
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都北区王子1丁目5-12 王子明和ビル 1階・2階・3階

    店長:岡嵜 正恭
    店長:
    岡嵜 正恭
    おかざき まさたか
    店舗詳細へ
  • アエラス上野店

    • TEL: 03-5817-3222
    • 営業時間: 10:00~19:00

    東京都台東区上野2丁目13-12 東洋ビル 5階

    店長:濱崎 真治
    店長:
    濱崎 真治
    はまさき しんじ
    店舗詳細へ
  • アエラス新越谷店

    • TEL: 048-990-7576
    • 営業時間: 10:00~19:00

    埼玉県越谷市南越谷4丁目4-3 和田ビル 103号室

    店長:樋口 勇輔
    店長:
    樋口 勇輔
    ひぐち ゆうすけ
    店舗詳細へ